ディレクターメッセージ

八王子ユースシアターでは全国公募した4団体による演劇作品の創造と発表に伴走しつつ、その過程のアーカイブ(記録保存)に取り組みます。普通は「見るもの/見せるもの」として扱われる演劇ですが、八王子ユースシアターでは社会を成す個人とのコミュニケーションを重視し、「表現を通じてひとをつなぐこと」を演劇活動と捉え直すことで、コロナ禍がもたらした孤独・孤立に応答したいと考えています。推進力となっているのは演劇経験のない方も含めた4人の学生マネージャーです。フレッシュな感性を頼りに、八王子からこの社会における演劇の意義と価値を問い直します。