但馬旅人生活拠点。(兵庫県)

団体紹介

2021年9月12日設立。芸術文化観光専門職大学初の学生劇団。
「但馬に演劇を届けたい、世界に但馬を届けたい」という想いから、豊岡市および但馬地域での刺激を生かした但馬産の作品創作を行う。
令和4年度の目標は豊岡1市5町、但馬3市2町で公演を行うこと。
旗揚げ前にしてすでに慢性的な人手不足・資金不足が予想される。

作品紹介

作品名

触れたまま離れない

作品内容

 今、私は玄武洞公園にいます。今、私は一人です。
私の周りには私ではない人が複数人いますが、私は二人になることはありません。
なぜなら残念ながら私は、分身も分裂もできないからです。
残念ながら今後も分身も分裂もできそうにないので、これからも私は二人になることはできません。
 この作品をつくる前、私は玄武洞へ行きました。夜遅くまで玄武洞を見ていました。
玄武洞とコミュニケーションを試みているとき、ふと、玄武洞は一人だろうかと考えました。
私の見た玄武洞は、一人じゃないけど独りでした。
 では私たちは独りになることはできるのでしょうか。

脚本/演出

竹内ミズキ

公演日

12/10 20:00~
12/11 13:00~ 18:00~
12/12 13:00~

会場

兵庫県豊岡市山王町7-52 芸術文化観光専門職大学 小劇場

無料/有料(金額)

無料(寄付制)

メッセージ

こんにちは、但馬旅人生活拠点。です。

私たちは2021年春に兵庫県豊岡市に開学した芸術文化観光専門職大学の学生劇団です。

昨今、演劇の社会的価値について幾度となく問われてきました。それは、演劇だけでなく、同時に私たち個人の社会的価値についても自問することになりました。

私たち学生は、さまざまな社会システムからの免除対象になります。つまり学生は一定の猶予期間を与えられ、社会から恩恵を受け続けられる立場にあるということです。失敗しても、間違えても、いつかのための栄養にしなさいと、許されているのかも知れません。

その想いは社会システムからだけでなく、日々を過ごしている社会そのものからも強く感じます。だからこそ私たちは社会に貢献したいのです。私たちを許してくれる地域社会の役に立ちたいのです。

私たちの学び舎がある豊岡市は兵庫県北部 但馬地域に位置しています。私たちは「但馬に演劇を届けたい、世界に但馬を届けたい」という想いから、但馬地域での刺激を生かして創作する但馬産の演劇作品をつくります。

今回の作品や私たちのことを皆さんに知っていただくことで、少しでも但馬地域に興味を持っていただけたら幸いです。

但馬旅人生活拠点。の活動報告

八王子ユースシアターを振り返って

お久しぶりです。但馬旅人生活拠点。さん担当の甲斐です! この前活動を振り返る座談会があったのですが、今回は座談会で話しきれなかったことも含めて活動を振り返ろうと思います。 なんで参加したのか...?  簡単に言うと、   […]

但馬旅人生活拠点。①

2021.11.8  但馬旅人生活拠点。さんを担当する学生マネージャーの甲斐千尋です!  今回は1回目のミーティングだったので、自己紹介的な感じの話をしようと思っていたんですけど、どんな人にインタビューしてみたいかという […]

作業フォルダ

上演の過程で生まれた、いろいろなものが見られます。

上演映像

映像配信は終了いたしました。
ご視聴いただき、ありがとうございました。