演劇ネットワークぱちぱち

参加方法

演劇ネットワークぱちぱちへの参加方法についてはこちらをご覧ください。

今、とっても見て欲しい!

最近のぱちぱち

  • 2022.5.17

    (伊藤)生きていれば

    広報チーフ伊藤です。

    私はメンタルが強い時と弱い時の差が激しいです。

    最近は、何があったわけでもないのですが、小さなことが降り積もってあまり心身の調子が良くありませんでした(この間もこんなこと書いた気がする……)。

    なんですが、また生きてて良かった……!と思えることがひとつありました。

    それは、大好きな人たちと再会できたことです。

    約束して会ったきょうだいのような友達2人と、約束はしてなかったけど急遽来てくれた敬愛するひと。

    ありふれたことしか喋ってないし、周りから見たらありふれた若者の風景だったのでしょうが、もう会えないかもしれないと思っていたので、私にとっては本当に夢のような時間でした。

    私は「生きていればいいことあるよ」みたいな慰め文句が好きではありません。そんな分からないことを期待しながら今のつらい状況を続けるだけの元気は落ち込んでいる人にはありません。

    でも、ギリギリの気持ちで生きていている中で、図らずも救済のような出来事が起きることもあって、どうにか存えている私です。

    ちなみにその大好きな人たちというのは演劇でつながった人たちです。

    心底、演劇をやっていて良かったなと思う瞬間はいくつもいくつもありますが、こういう人たちと会えたこともそれのひとつ。むしろその中でも最上級です。

    アイキャッチは昨日食べた苺です。他意はありません。

  • 2022.5.15

    (中込)鳥公園WS~ヨブ記を読む~

    昨日から、鳥公園のワークショップ「ヨブ記を読む」が始まっています。会場は、八王子いちょうホールおよび学園都市センターです。

    ぱちぱちは、制作のお手伝いをしています。

    私は今日初めて現場を見に行きました。老若男女が20人弱集まって、講師の安田さんの快活な進行のもと、「ヨブ記」と「神」についてニュートラルに演劇的手法を交えながらディスカッションしました。

    宗教について、私はとても興味があります。宗教とどう繋がり、どう付き合うか。これは答えのないワクワクする問いだと思うのです。

    明日5/16と、5/21.22,28.29と続きます。とっても楽しみ!

  • 2022.5.14

    (伊藤)ただ、自分であるというだけで

    広報チーフ伊藤です。

    昨日のまゆたその記事読みました???

    いいですよね。彼女の文章。竹を割ったような人となりなんだなと分かる。

    その人がその人であることって、出そうとしなくても(場合によっては隠そうとしたとしても)出てしまいますよね。

    それが良く転ぶときと悪く転ぶときの両方が存在すると思うのですが、ぱちぱち日記においてまゆたその文章で以てぱちぱちの近況を知ることができるのはとても良いケースだなと思いました。

    湿度で表すならば、私は結構高めだと自認しているので、まゆたそみたいにからりとした文章はあまり書けないなあとは思いつつも、自分は自分の色が濃く出ればいいなあという気持ちでいます。

    自分であるというだけで滲み出るものを大切にしたいと思いつつも、人を羨む気持ちは人一倍強い人生です。



ディレクター中込さんの日記は、こっそり、こちら (外部リンク)。

参加者募集

ぱちぱちメディア

月間アフタートーク 3月号 はじめて、twitterのスペース上で公開収録をしました。

お知らせ

ぱちぱちレポート

イベントカレンダー

演劇ネットワークぱちぱちとは

18歳~25歳が中心となり、演劇をキーワードとして仲間を見つけて、企画に参加したり、自分で企画を立てたりするとっても自由な場として、2021年9月からスタートしました。
2021年度は、145回のイベントを実施し、延べ389⼈が参加しました。2~3日に1度、イベントをしていた計算となります。また、八王子ユースシアターでの公演や、保育園、幼稚園等での公演を通して、361人のお客様に観劇していただきました。

  • 大小様々な演劇公演に、キャストやスタッフとして参加できます。
  • オンラインと対面が選べる、色々なワークショップに参加できます。
  • 自分で考えた企画が実行できます。内容に応じて、運営チームでサポートします。
  • 学業や仕事と両立しながら好きなペースで参加できます。

目指すこと、大切にしていること

・演劇ネットワークぱちぱちは、演劇の可能性を信じる人たちがゆるやかに繋がり、それぞれにとっての「演劇の続け方」を試していく場をつくります。
・ 演劇ネットワークぱちぱちは、 繋がり(ネットワーク)を広げ、演劇の新しい価値を探求し発見していきます。
・ 演劇ネットワークぱちぱちは、 異なる背景や価値観をもつ人たちが、居心地よく過ごす場、コミュニケーションをとれる場であることを大切にします。

ぱちぱちのお財布(予算消化状況)

2021年12月28日時点の情報です。
決定額:収入・支出の金額が決定したもの。収入があったもの、支払いが完了したもの。
見込額:収入・支出の見込みが立っているもの。まだ収入としては入っていない、支払いが完了していないもの。
未定額:収入・支出の見込みがたっていないもの。これくらい収入が欲しい、これくらいまだ予算が使える、というもの。

クレジット

主催:(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団
運営:一般社団法人AsoVo

本事業のSNS運営ポリシーについてはこちらをご覧ください。